資格

【簿記3級】簿記には種類があるの?どんな法律があるの?

taku7983
スポンサーリンク

はじめに

簿記3級を合格した方ですら、簿記の種類や制度について答えられる方は残念ながら非常に少ないです。何事も学習する上で、「何を勉強しているのか」を明確に理解した方が学習イメージがついて短い勉強時間で理解することができますので、簿記の種類や制度について見ていきましょう。

これからみなさんは会社の簿記を学んでいきます

これからみなさんは、会社にとっての簿記を学んでいきます。そのため、取引目線はすべて会社が中心であることをまず覚えましょう。

簿記には商業簿記と工業簿記の2つがある

まず、企業会計には商業簿記と工業簿記がありますが、簿記3級を受験するみなさんは商業簿記を学習していきます

  • 商業簿記(財務会計)とは
    • 企業の財務状況や経営成績を外部の利害関係者(株主、投資家、債権者等)に報告・公開するための会計処理です。
    • これから学習する貸借対照表や損益計算書を作成して、外部の利害関係者に報告することが目的です。
  • 工業簿記(管理会計)とは
    • 企業内部の経営管理を支援するための会計情報を提供する領域です。
    • 原価計算・予算管理が目的です。
    • 目的は、内部でどのようにして利益を改善するかを検討するための資料作成です。
    • 簿記2級から工業簿記が範囲に加わります

また、商業簿記は会社法会計・金融商品取引法会計・税務会計に分けることがありますが、みなさんは税理士の方みたいに税法を学ぶわけではない為、税務会計は度外視ください。なお、会社法はすべての会社に適用される法律であり、金融商品取引法は主に上場企業が適用される法律です。

これからみなさんは、企業の財務状況や経営成績を外部の利害関係者(株主、投資家、債権者等)に報告・公開するための商業簿記について学習していきます

ぽち
ぽち
次のページ
【簿記3級】貸借対照表とは?貸借対照表について解説!
【簿記3級】貸借対照表とは?貸借対照表について解説!
前回のページ
【簿記3級】決算書はなんで必要なの?
【簿記3級】決算書はなんで必要なの?
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました