資格

【簿記3級】貸借対照表とは?貸借対照表について解説!

taku7983
スポンサーリンク

貸借対照表とはなにか?

貸借対照表は、会社の財政状態を明らかにするする資料です。財政状態とは、会社には資産・負債・純資産がいくらあるかの状態です。百聞は一見に如かずと言いますので、まず、貸借対照表の事例を見てみましょう。

実際の貸借対照表を見てみましょう

下記は株式会社アミューズの貸借対照表です。アミューズは桑田佳祐さん・福山雅治さん・Perfumeさんなどが所属している芸能事務所です。

まず、左側に資産、右側に負債と純資産があります。後日触れますが簿記で左側を「借方(かりかた)」右側を「貸方(かしかた)」。まず、1番下の資産合計と負債純資産合計の数値が同じですね!そこで、上記の資料を貸借対照表と呼びます貸方と借方の数値が対照である(右と左の数値が同じ)。そのため、英語ではBalance Sheet(バランスシート)と呼び、貸借対照表のことはよくBS(ビーエス)と呼びます

資産と負債と純資産を覚えよう

資産

資産とは現金又は将来に現金になり得る項目です。例えば、現金、預金、土地や貸付金などをイメージしてください。なお、現金や貸付金など会計上の項目のことを「勘定科目」と呼びます。

負債

負債とは将来に現金を減らす項目です。例えば、借入金をイメージしてください。

純資産

純資産とは資産と負債以外の項目です。主に、株主から出資を受けた資本金や過去に得た累積利益である利益剰余金などがあります。

もう一度、貸借対照表を見てみよう

つぎに、黄色箇所を見てください。

  • 負債合計は154億円あるが、現金預金は負債合計を上回る204億円あり、資産合計は456億円もある
    • 負債を十分上回る資産がありこの会社は安全性が高いことがわかる
  • 資本金は16億円(1,587百万円)あり、株主から過去に16億円の出資を受けたことがわかる

上記の点がわかりますよね。つまり、貸借対照表を見ると会社の財政状態がわかるということです。

次のページ
【簿記3級】損益計算書とは?損益計算書について解説!
【簿記3級】損益計算書とは?損益計算書について解説!
前回のページ
【簿記3級】簿記には種類があるの?どんな法律があるの?
【簿記3級】簿記には種類があるの?どんな法律があるの?
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました