資格

【簿記3級】預金と小切手について

taku7983
スポンサーリンク

預金とは

簿記で学習する銀行口座は、主に普通預金、定期預金、当座預金の3種類です。それぞれの違いについて、見ていきましょう。

  • 普通預金
    • 一般的に利用される銀行預金であり、いつでも預け入れたり、引き出すことが可能な預金口座
  • 定期預金
    • 普通預金より高い利息を受け取ることができますが、原則として満期にならないと引き出すことができない預金口座
  • 当座預金
    • 利息はつかない口座ですが、手形や小切手を利用することができる預金口座

小切手の仕訳問題

前回の章で小切手を受け取った場合は、すぐに換金できるため勘定科目は現金と学び、今回は当座預金は手形や小切手の利用のための預金口座と学びましたが、実際の仕訳を見ていきましょう。

前回の復習
【簿記3級】通貨代用証券について解説!
【簿記3級】通貨代用証券について解説!
例題1

A社はB社に商品¥100を販売し、代金で小切手を受け取った。

Q
答え
解説(例題1)

他人振出小切手はすぐに換金できるため勘定科目は現金となります。

例題2

B社はA社から商品¥100を仕入れ、代金は小切手で支払った。
(B社はA社から商品¥100を仕入れ、代金として小切手を振り出した。)

Q
答え
解説(例題2)
  • B社は小切手で支払うと当座預金の口座残高が減少しますので、資産の減少として、貸方に当座預金となります。
  • また、「小切手で支払う」ことを「小切手を振り出した(振り出す)」と表現することがあるので覚えましょう。

自己振出小切手とは

小切手を受け取ったとき、その小切手が自分の振り出したものだった時があります。これを自己振出小切手(じこふりだしこぎって)といいます。自己振出小切手を受け取ったときは、現金勘定科目を増やさず当座預金勘定科目の増加として処理をします

例題

A社はB社に商品¥100を販売し、代金として以前にA社が振り出した小切手で受け取った。(代金を自己振り出しの小切手で受け取った。)

Q
答え
解説
  • 自己振出小切手を受け取ったときは、当座預金の増加とする(過去に自社で減少した当座預金の口座残高が戻った)
  • 他人振出小切手を受け取ったときは、現金の増加とする
次のページ
【簿記3級】現金過不足とは
【簿記3級】現金過不足とは
前回のページ
【簿記3級】通貨代用証券について解説!
【簿記3級】通貨代用証券について解説!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました