資格

【簿記3級】小口現金について解説

taku7983
スポンサーリンク

小口現金とは

小口現金とは

小口現金とは、日々発生する細かい少額の経費を支払うために、担当者に一定の現金を渡して用意しておく現金をいいます。

定額資金前渡制度(インプレスト・システム)

小口現金制度は一般に、定額資金前渡制度(インプレスト・システム)が用いられ、定期的(月次など)に小口現金が一定となるように会計係から小口係(用度係)に渡されます。

小口現金制度を使用する背景

会計係としては、日々の雑多な交通費や通信費などの経費の記帳を随時行うのは大変なため、仕訳を随時ではなく、定期的に行うために小口現金制度が利用されます。

小口現金の流れ

  1. 会計係が小口係(用度係)に小口現金として小切手を渡す
  2. 小口係(用度係)は経費の支払いを随時行う
  3. 定期的に小口係(用度係)は会計係に経費の支払い内容を報告する

小口係が取引相手に経費の支払いを行った際に仕訳は記帳しません。

今回覚える勘定科目

小口現金は資産、旅費交通費などの経費は費用です。

  • 小口現金
    • 日々発生する細かい少額の経費を支払うために、担当者に一定の現金を渡して用意しておく現金
  • 旅費交通費
    • 宿泊費(ホテル代)、電車代、バス代、タクシー代など
  • 消耗品費
    • 文房具代、コピー用紙代、封筒代など。封筒代は「通信費」ではなく「消耗品費」
  • 水道光熱費
    • 水道代、ガス代、電気代
  • 通信費
    • 切手代、ハガキ代、電話代、携帯電話代など
  • 修繕費
    • 備品の修理費用など
  • 雑費
    • その他の経費

小口現金の仕訳問題

例題1

小口係(支払担当者)に、小口現金として小切手¥3,000を振り出して前渡しした。

Q
答え
解説
  • 小切手を振り出すと当座預金の減少(忘れた方は前回の復習しましょう)
  • 今後、学習を進めていきますと「前渡し」の表現は「前渡金」と悩んでしまうかもしれませんが、復習を繰り返していきましょう
前回の復習
【簿記3級】預金と小切手について
【簿記3級】預金と小切手について
例題2

小口係(支払担当者)は電車代¥600、文房具代¥500、水道光熱費¥400、切手代¥300、設備の修理費用¥200、その他の経費¥100を小口現金から支払った。

Q
答え

仕訳なし

解説

小口係が取引相手に経費の支払いを行った際に仕訳は記帳しません

例題3

月末に会計係は小口係(支払担当者)から例題2の報告を受けた。

Q
答え
解説

電車代などがどの勘定科目になるか上記の「経費の内容」を振り返って復習しましょう

次のページ
【簿記3級】当座借越について解説
【簿記3級】当座借越について解説
前回のページ
【簿記3級】現金過不足とは
【簿記3級】現金過不足とは
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました