資格

【簿記3級】受取商品券について

taku7983
スポンサーリンク

受取商品券について

商品券はみなさんも日頃に使用していることがあると思います。例えば、図書カード・百貨店商品券・食事券・ビール券などを友人や家族にプレゼントやギフトとして渡すことがあります。また、受け取ってお買い物で使用しますよね。

会社が消費者に対して商品販売を行い、商品券を受け取った場合とその商品券を発行元に請求して代金回収をした場合の仕訳について見ていきましょう(他店商品券)。なお、以前は簿記3級の試験範囲にデパートの様に自社発行商品券について出題されてましたが、現在は簿記1級の試験範囲のため、今回は他店商品券について学習していきましょう。

今回覚える勘定科目

  • 受取商品券
    • 受取商品券とは、企業が商品やサービスの対価として受け取った商品券であり、発行元に請求できる金額です。

受取商品券の仕訳問題

例題1

商品を¥10,000円で販売し、代金は他店発行の商品券を受け取った。

Q
答え
解説1
  • 受取商品券は発行元に請求できる金額のため資産です。
例題2

過去に受け取った他店発行の商品券を発行元に請求して、普通預金に¥10,000円振り込まれた。

Q
答え
解説2
  • 資産である受取商品券が減少し、資産である普通預金の増加
次のページ
【簿記3級】資本金と配当金の支払いについて
【簿記3級】資本金と配当金の支払いについて
前回のページ
【簿記3級】立替金と預り金について
【簿記3級】立替金と預り金について
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました