資格

【簿記3級】租税公課(その他の税金)について

taku7983
スポンサーリンク

税金の種類

税金の種類は主に3つに分けられます。今回はその他の税金について見ていきましょう。

  1. 法人税等
    • 法人税
    • 住民税
    • 事業税
  2. 消費税
  3. その他
    • 固定資産税
    • 自動車税
    • 印紙税(収入印紙)
    • 不動産取得税

本日覚える勘定科目

  • 租税公課
    • 固定資産税、自動車税、印紙税(収入印紙)、不動産取得税などの法人税や消費税以外のその他の税金は「租税公課」勘定を使用します
未払いの税金について

未払いの税金で法人税は「未払法人税等」、消費税は「未払消費税」の勘定科目を使用します。租税公課については問題文の指示に従ってください。一般的には「未払金」又は「未払税金」勘定を使用します。

よく出題される問題は切手と収入印紙を支払った仕訳問題です。
切手代は通信費ですが、収入印紙は租税公課となるので注意しましょう

ぽち
ぽち

租税公課(その他の税金)の仕訳問題

例題1

不動産取得税¥100,000円、固定資産税¥10,000円、自動車税¥1,000円、印紙税¥100円を現金で納付した。

Q
答え
解説1
  • 固定資産税、自動車税、印紙税(収入印紙)、不動産取得税はすべて「租税公課」勘定を使用します。
例題2

郵便局で切手¥100円とハガキ¥1,000円、収入印紙¥3,000円を現金で購入した。

Q
答え
解説2
  • 切手代、ハガキ代、電話代、携帯電話代は通信費です。忘れた方は復習しましょう。
  • 収入印紙は租税公課です。よくひっかけ問題として出題されます
復習:通信費
【簿記3級】小口現金について解説
【簿記3級】小口現金について解説
例題3

固定資産税の納税通知書¥10,000円が届き、未払金として処理した。

Q
答え
解説3
  • 租税公課の未払いについては、問題文の指示に従ってください。一般的には「未払金」又は「未払税金」勘定を使用します。
次のページ
【簿記3級】家賃支払・受取・差入保証金について
【簿記3級】家賃支払・受取・差入保証金について
前回のページ
【簿記3級】消費税について
【簿記3級】消費税について
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました