資格

【簿記3級】決算-売上原価について

taku7983
スポンサーリンク

復習

販売する目的で商品を仕入れした時と決算時の処理を以前に学習しました。
今回も基本的には処理は同じです。

復習:仕入と繰越商品
【簿記3級】商品売買について(三分法)
【簿記3級】商品売買について(三分法)

今回覚える勘定科目

  • 売上原価
    • 販売した売上高に対応する費用です。
    • 簿記3級では、販売した商品を仕入れた際の原価をイメージしましょう。

「仕入」と「売上原価」勘定の違いは?

  • 仕入
    • 期中に仕入れた際に使用する勘定科目
  • 売上原価
    • 決算時に損益計算書で使用する勘定科目
  • 性質は同じなので問題によって使い分けしましょう
  • 本試験で損益計算書が出題されたときは基本的に売上原価を使用します。
  • 試算表が出題されたときは問題文の指示によります。
  • 仕訳問題で期中取引では仕入を基本的には使用します。
ぽち
ぽち

売上原価(仕入)の計算について

売上原価の計算式

決算時は、販売した売上高に対応する原価を計算する費用があります。
売上原価は、当期商品仕入高に期首商品棚卸高を加算して、期末商品棚卸高を差し引いた金額です。

売上原価の計算式

売上原価=期首繰越商品+当期仕入-期末繰越商品

期末時に計上する仕訳のイメージ

例えば、原価が1個当たり10円であった場合に、レジを見て1年間で80個売れたことがわかれば、直感的に販売80個×原価10円=売上原価800円と計算ができますね。または、期首に繰越商品が10個、当期に90個仕入れしたので合計100個商品を当期に仕入れしたと考え期末に20個が繰越商品として残ったため、100個の仕入れから20個の繰越商品を差し引いて売上原価は販売80個×原価10円=売上原価800円とも計算ができますね。

まず、上記の黄色線の箇所で期首繰越商品を仕入れにする必要があります。
また、上記の青色線の箇所で仕入れから期末繰越商品に振り替える必要があります。

そこで、黄色線青色線の仕訳を計上したのが下記です。
左上→右上→左下→右下の順に、仕入→繰越商品→繰越商品→仕入なので「しーくりくりし」と覚える方が多いです。

決算-売上原価の仕訳問題

例題1

期首商品棚卸高が¥1,000円、期末商品棚卸高が¥2,000円である。このとき、売上原価を計算するための仕訳を示しなさい。なお、売上原価は仕入勘定で計算しなさい。

Q
答え
解説1
  • 上記はお決まりの仕訳です。「しーくりくりし」と覚えちゃいましょう
  • 問題文の指示によっては「仕入」ではなく、「売上原価」を使用することもあります。
例題2

期末の売上原価を求めるための決算整理仕訳を計上しなさい。
期末に在庫の棚卸しを行い期末の在庫は¥2,000円であった。
なお、売上原価は売上原価勘定で計算する。
・決算整理仕訳前の残高
繰越商品¥1,000円
仕入¥10,000円

Q
答え
解説2
  • 問題文の指示によっては今回の様に「仕入」ではなく、「売上原価」を使用することもあります。
  • 売上原価¥9,000円=期首1,000円+¥10,000円-期末¥2,000円
次のページ
【簿記3級】決算-貸倒引当金について
【簿記3級】決算-貸倒引当金について
前回のページ
【簿記3級】なぜ決算作業が必要なのか
【簿記3級】なぜ決算作業が必要なのか
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました