資格

【簿記3級】決算-未収収益・未払費用について

taku7983
スポンサーリンク

収益と費用は対象期間に配分

前回は先に現金を支払った・受け取った取引を期間配分するために前払費用・前受収益を使用すると学習しました。今回は、現金があとで動く取引について見ていきましょう

例えば、給料の支払いが当月分・翌月支払いの会社をイメージください。会社から見たときに4月分¥300,000円の給料を①発生月の4月に費用処理、②現金を支払う5月に費用処理をする方法が考えられます。前回の前払費用・前受収益と同様に収益や費用は発生したタイミングで認識しますので、①発生月の4月に費用処理が採用されます。

この「あとに」現金が動いたタイミングと収益・費用を計上するタイミングのズレを調整する際に「未収収益」・「未払費用」勘定を使用します

本日覚える仕訳
  1. 決算で費用・収益を認識
    • 費用   xxx / 未払費用 xxx
    • 未収収益 xxx / 収益   xxx
  2. 翌期首に再振替仕訳
    • 未払費用 xxx / 費用   xxx
    • 収益   xxx / 未収収益 xxx

費用収益を発生したタイミングで認識することを発生主義、現金が動いたタイミングで認識することを現金主義と呼んだりすることがあります。

ぽち
ぽち

本日覚える勘定科目

  • 未収収益
    • まだ現金は受け取っていないが役務提供は行っている金額
    • 試験の仕訳問題では、「未収利息」「未収家賃」などを使用することもあります
  • 未払費用
    • まだ現金は支払っていないが役務提供は受けている金額
    • 試験の仕訳問題では、「未払給与」「未払家賃」「未払利息」などを使用することもあります

未収収益・未払費用の仕訳問題

例題1
  • X1年3月1日に当社はA社に¥1,000,000円を期間1年、年利率3%、利息は返済時に支払いという金銭消費貸借契約で現金を貸し付けた。X1年3月31日に決算を迎えて利息に関して必要な決算整理仕訳を計上しなさい。利息計算は月数を使用すること。未収に関する勘定は未収利息勘定を使用しなさい。
Q
答え
解説1
  • ¥1,000,000円×3%×1か月(3月)÷12か月=2,500円
  • 決算時に計上する仕訳を決算整理仕訳と呼びます。
  • 問題文の指示によって未収収益の代わりに「未収利息」「未収家賃」などを使用することもあります。
例題2

上記例題1のあと、X1年4月1日に必要な再振替仕訳を計上しなさい。

Q
答え
解説2
  • 最初に計上した仕訳の反対仕訳を計上しましょう。
例題3

X1年3月1日に当社は銀行から¥1,000,000円を期間1年、年利率3%、利息は返済時に支払いという金銭消費貸借契約で現金を借り入れた。X1年3月31日に決算を迎えて利息に関して必要な決算整理仕訳を計上しなさい。利息計算は月数を使用すること。未払に関する勘定は未払利息勘定を使用しなさい。

Q
答え
解説3
  • ¥1,000,000円×3%×1か月(3月)÷12か月=2,500円
  • 決算時に計上する仕訳を決算整理仕訳と呼びます。
  • 問題文の指示によって未払費用の代わりに「未払給与」「未払家賃」「未払利息」などを使用することもあります。
例題4

上記例題3のあと、X1年4月1日に必要な再振替仕訳を計上しなさい。

Q
答え
解説4
  • 最初に計上した仕訳の反対仕訳を計上しましょう。
次のページ
【簿記3級】決算-貯蔵品について
【簿記3級】決算-貯蔵品について
前回のページ
【簿記3級】決算-前払費用・前受収益について
【簿記3級】決算-前払費用・前受収益について
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました