資格

【簿記3級】試算表について

taku7983
スポンサーリンク

試算表(しさんひょう)とは

毎日の仕訳と総勘定元帳への転記は、ミスが発生することがあり、貸借対照表や損益計算書の作成のために各勘定科目の残高を確定させる必要があります。そこで、月末や期末に試算表を作成して、仕訳や転記が正しいか否かをチェックします。
なお、試算表には3つの種類がありますが、本試験では残高試算表がよく出題されます。

  1. 残高試算表
  2. 合計試算表
  3. 合計残高試算表

残高試算表とは

残高試算表とは

残高試算表とは、すべての勘定科目の残高をまとめた試算表です。残高試算表を見ることで、今資産がいくらあるのか、今期の売上はいくらなのか把握することができます。

簿記3級は第1問から第3問まで大きく3つに分かれますが、第3問では基本的に残高試算表について出題されるため重要なポイントです

ぽち
ぽち

残高試算表の特徴

  • 残高試算表の特徴
    1. 必ず借方と貸方の合計は一致
    2. 上段は貸借対照表の科目、下段は損益計算書の科目を示す

上記からは現金は100万円ある、売上は2,500万円あることなどがわかります。

合計試算表とは

合計試算表とは

合計試算表とは、各勘定科目ごとに、期中取引の借方の合計、貸方の合計をまとめた試算表です。

合計試算表の特徴

  • 合計試算表の特徴
    • 各勘定科目の借方と貸方は期中の仕訳の合計額であり、借方には期中にあった借方取引の合計、貸方には期中にあった貸方取引の合計

例えば、上記の現金は、借方合計25,000,000円から貸方合計24,000,000円を差し引いた1,000,000円が期中に増加した金額を表します。

合計残高試算表とは

合計残高試算表とは

合計残高試算表とは、残高試算表と合計試算表をまとめた表です。

合計残高試算表の特徴

  • 合計試算表の特徴
    • 残高試算表と合計試算表が一体化されている

決算整理前残高試算表と決算整理後残高試算表

よく本試験で出題されるのが、問題文に決算整理前残高試算表決算整理事項等が載っており答案用紙にある決算整理後残高試算表の穴埋めを埋める問題です。

  • 決算整理残高試算表:決算整理仕訳を反映の残高試算表
  • 決算整理残高試算表:決算整理仕訳を反映の残高試算表

では、本試験で出題される内容を見ていきましょう。

本試験の出題例

  • 本試験で出題されるポイント
    1. よく本試験に決算整理後残高試算表の穴埋め問題が出題されます
    2. 上記は金額のみですが、問題によっては数値のみならず勘定科目も穴埋めの場合があります(上記であれば雑損と記載)
    3. 決算整理事項等を自身で紙に仕訳を記載してから答案を考えます
    4. 上記の決算整理事項等から「(借方)雑損 100,000円/(貸方)現金 100,000」の仕訳となり、それを決算整理前残高試算表の数値に合算させて、答案用紙にある決算整理後残高試算表を作成します

よく出題される決算整理事項の内容

本試験で出題される決算整理事項は基本的にパターンが決まっていますので振り返って復習しましょう

ぽち
ぽち
よく出題される決算整理事項の内容
出題パターン決算整理仕訳復習リンク
現金過不足借方:現金 (雑損)
貸方:雑益 (現金)
現金過不足
当座借越借方:当座借越
貸方:借入金
当座借越
未処理事項
(記帳漏れ)
(訂正仕訳)
商品売買について
仕入・売上・返品
などの仕訳を計上・訂正
商品売買の章
貸し倒れの発生借方:貸倒損失
貸方:売掛金
貸倒引当金
貸倒引当金の計上借方:貸倒引当金繰入
貸方:貸倒引当金
繰越商品の計上借方:仕入
貸方:繰越商品
借方:繰越商品
貸方:仕入
売上原価
商品の返品仕入or売上の最初の反対仕訳返品
貯蔵品の計上借方:貯蔵品
貸方:通信費or租税公課
貯蔵品
前払費用の計上借方:前払費用
貸方:費用
前払費用
前受収益
前受収益の計上借方:収益
貸方:前受収益
未収収益の計上借方:未収収益
貸方:収益
未収収益
未払費用
未払費用の計上借方:費用
貸方:未払費用
減価償却費の計上借方:減価償却費
貸方:減価償却累計額
減価償却費
未払法人税等の計上借方:法人税等
貸方:未払法人税等
法人税等
未払消費税の計上借方:仮受消費税
貸方:仮払消費税、未払消費税
消費税
次のページ
【簿記3級】精算表について
【簿記3級】精算表について
前回のページ
【簿記3級】帳簿の締め切りについて
【簿記3級】帳簿の締め切りについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました