資格

【簿記3級】精算表について

taku7983
スポンサーリンク

精算表とは

精算表とは、試算表に決算整理仕訳を反映して、貸借対照表と損益計算書を作る過程を一覧にしたものです

精算表の見方

精算表の概要

精算表は横の列が勘定科目、試算表、決算整理仕訳、損益計算書、貸借対照表となっております。そのため、精算表を見れば損益計算書と貸借対照表が作成される過程がわかりますね。勘定科目は上から貸借対照表、損益計算書、決算整理仕訳で新しく生じる科目、当期純利益の順番で記載されます。

決算整理仕訳の反映

例えば、上記の決算整理仕訳があった場合の反映が精算表の黄色箇所です。

本試験では問題文から仕訳を下書きして、精算表に記載する方法がおすすめです

ぽち
ぽち

損益計算書・貸借対照表の作成

試算表の数値に決算整理仕訳の金額を加減算して、損益計算書と貸借対照表の列に数値を入力します。貸借対照表の科目は損益計算書の列はブランクで大丈夫です。また、損益計算書の科目は貸借対照表の列はブランクで大丈夫です。例えば、繰越商品は試算表の20,000円に決算整理仕訳の15,000円を足して20,000円を差し引いて15,000円となります。

当期純利益(損失)について

1番下で当期純利益(損失)を計算します。上記では収益>費用で当期純利益となった前提ですが、損益計算書で借方に計上されているのは1番下の借方と貸方の合計を一致させるためです。当期純利益6,000円を借方に計上しないと、損益計算書の借方合計が34,000円となってしまい、貸方合計40,000円と不整合となってしまうためです。

また、当期純利益が貸借対照表で貸方に計上されているのは、純資産項目の繰越利益剰余金が増えたことを示すためです。

本試験では、すべての決算整理仕訳が合っていないと当期純利益を計算できません。満点を取る必要はない試験のため、本試験では解けなくても問題ありません。

ただ、「借方と貸方の合計」は必ず一致することを覚えていれば、仮に1問の仕訳がわからない場合であればどこかの列さえ合計がわかれば、逆算して当期純利益を計算できることもあります

ぽち
ぽち

本試験の答案用紙の例

最後に、本試験の答案用紙の例を見ておきましょう。試算表のみ数値が入っており、問題文に「決算整理事項」が記載されます。そこから自身で決算整理仕訳を下書きして、精算表に反映していきます。繰り返しですが、貸借対照表の科目は損益計算書の列はブランクで大丈夫です。また、損益計算書の科目は貸借対照表の列はブランクで大丈夫です

満点は狙う必要は全くありませんので、わかる箇所の部分点を狙いに行きましょう

ぽち
ぽち
次のページ
【簿記3級】貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)について
【簿記3級】貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)について
前回のページ
【簿記3級】試算表について
【簿記3級】試算表について
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました