資格

【簿記3級】当時8歳7カ月で簿記3級に合格

taku7983
スポンサーリンク

当時8歳7カ月で簿記3級に合格 夢は起業、市川市の小学3年

当時8歳7カ月の少年が日本商工会議所の簿記検定試験3級に合格し、最年少記録の可能性があるとして、その才能に注目が集まっています。彼は物心ついた頃から算数が好きで、驚くべき速さで数学の概念を理解し、3歳のときには既にかけ算と割り算を習得していました。その後も、参考書やYouTubeを活用して中学高校の数学分野にまで興味を広げ、幅広い知識を身につけてきました。

この少年の簿記の勉強は、父親が経理の仕事をしていることから始まりました。昨年9月に本格的に取り組み始め、初回の受験で不合格となりましたが、その後の努力と集中的な学習によって、年明けからは1日1~2時間を割いて知識の吸収に励みました。今年2月には船橋市の商工会議所で大人たちと一緒に受験し、驚異的な成績で合格を果たしました。周りの受験者から注目を浴び、合格発表後には喜びの表情を見せています。

彼の異常なまでの早熟さは、六面立体パズルを1分以内に解くなど、さまざまな場面で発揮されています。また、オンライン英会話で英語も習得し、料理の腕前も披露しています。得意なメニューは「豚ニラキャベツ鍋」で、彼の料理の腕前もまた一つの才能と言えるでしょう。一方で、左右で違う靴下を履いたり、忘れ物をするなど、時折年相応の天真爛漫な一面も見せています。

彼が最近熱中しているのはゲーム作りです。プログラミングの学習を通じて、射撃ゲームなどを自作し、その中で新たなアイデアや技術を試しています。彼の直近の目標は、「今までの知識を使ってARゲームを制作すること」であり、その情熱は未来の可能性を感じさせます。

将来について彼は、「プログラミングの会社を作りたい」という夢を抱いています。簿記の勉強に関しては、「お金の仕組みを知れば、将来に役立つだろう」との動機もあり、自らの興味と社会への貢献意欲が結びついた形です。彼はまさに夢に向かってスタートダッシュを切り、驚異的な才能を持つ少年として注目を浴びています。

あわせて読みたい
当時8歳7カ月で簿記3級に合格
当時8歳7カ月で簿記3級に合格
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました