資格

全商簿記ってどんな試験?日商簿記や全経簿記との違いも解説!

taku7983


簿記検定には多岐にわたる種類があり、日商簿記や全経簿記、全商簿記などがその代表格です。しかし、社会人の中には「全商簿記」という名前を聞いても、その試験内容について理解していない人もいるでしょう。もし簿記検定試験を受験しようと考えているなら、まずはどのような種類があるのかを把握しておくことが重要です。この記事では、全商簿記の概要を紹介し、日商簿記や全経簿記との相違点にも触れながら解説します。

スポンサーリンク

全商簿記の正式名称は?歴史と現在の形態について説明

「簿記実務検定試験」として知られる全商簿記は、全国商業高等学校協会が主催する公益財団法人であり、商業科や商業高校の生徒を対象にしています。この試験は、日々の学習で培った簿記に関する知識を試すものであり、受験者の多くはこれまでに商業科で学んできた高校生です。

大学受験とは異なり、全商簿記は実力を試す場でもあります。ただし、高度な試験に合格することで、進路の選択や就職・転職に有益な影響を与えることができます。

真剣に勉強すれば、学生たちは将来の進路や就職活動で有利な立場を築くことができます。全商簿記は1級、2級、3級のレベルに分かれており、一部の大学や短期大学では1級取得を推薦入試の条件として採用しているところもあります。

ただし、全商簿記の合格だけでは上級試験や国家試験の受験資格を得ることはできません。全商簿記は、社会人がキャリアアップを目指して受験するタイプの試験ではないことに留意する必要があります。

全商簿記と日商簿記と全経簿記の違いについて

全商簿記は、主に高校生向けの試験内容ですが、日商簿記・全経簿記は企業の実務に即した内容も含まれている試験で、上級になるほど難易度も高くなります。
以下、全商簿記・日商簿記・全経簿記の違いについて、試験内容や対象受験者などに触れつつご紹介します。

全商簿記


全商簿記の受験者は、主に商業高校や商業学科を有する高校で学ぶ生徒たちです。そのため、試験内容は基本的に商業高校で使用されている教科書に基づいていると考えられます。

全商簿記1級の難易度は、一般的に商業簿記や工業簿記の知識を必要とする「日商簿記2級」と同等とされています。日商簿記2級は転職市場でも一定の価値がありますので、高校生が簿記の能力をアピールするには充分な資格と言えるでしょう。

日商簿記

日商簿記の受験対象者は、特に条件が指定されているわけではないため、年齢・性別・学歴・国籍の制限なく受験することができます。
その分認知度も高く、日商簿記2級以上については、合格者の評価も高めです。

3級で問われる内容は、簿記の基本原理・各種取引の処理方法・決算書類作成などです。
小規模の株式会社で働くケースを想定した試験内容となっており、これから簿記について学びたいと考えている人にとっては取り組みやすいレベルです。

2級で問われる内容は、商業簿記に加えて工業簿記が試験範囲に含まれ、原価計算の知識も求められます。
試験範囲が広くなる分、ある程度まとまった勉強時間をとらないと、合格は難しいでしょう。

1級で問われる内容は、商業簿記・工業簿記のほか、会計学と原価計算が新たな科目として加わります。
会計学は、企業会計原則・財務分析に関する知識が問われ、暗記科目としての性質を持ちます。

原価計算では、最初の問題をミスしていると、その後の問題もすべて間違える可能性があります。
簿記に対する深い理解度が問われる分、合格者の評価も高く、日商簿記1級合格者は税理士試験の受験資格を得られます。

全経簿記

全経簿記は、全国経理教育協会が主催する「簿記能力検定試験」の略称であり、経理や会計に専念する学生を対象とした資格です。この試験は、1級から3級までの難易度は日商簿記よりも比較的容易とされますが、上級の難易度は非常に高い水準です。

全経簿記の上級試験に合格すると、税理士の受験資格を取得できます。日商簿記1級の勉強に苦戦している人々の中には、全経簿記の上級試験にシフトする選択肢を模索する者もいるようです。

初学者必見!全商簿記3級を取得するための勉強法と合格のコツ

簿記の基礎を学びたいと思っている方は、全商簿記3級の合格を目指すことをおすすめします。全商簿記3級のレベルは、個人企業が商品の売買を行う際の基本的な会計処理に焦点を当てていますので、基礎知識さえ身につければ合格は難しくありません。

合格率を高めるコツは、過去の問題集をしっかりと解くことです。全国商業高等学校協会が公表している第95回の過去問を見ると、以下のような内容が出題されています。

  1. 仕訳
  2. 伝票の記入(入金・出金・振替)
  3. 取引の記帳
  4. 基本的な会計知識
  5. 貸借対照表や損益計算書の作成

仕訳や記帳のルールが理解できれば、貸借対照表や損益計算書の作成も可能になります。解答を確認しながら、なぜその答えになるのかを理解するために手を動かすことで、理解が深まるはずです。

理解できない部分があれば、日商簿記3級レベルの教科書や、個人企業向け経理の解説書を参考にすると良いでしょう。また、経理を担当している同僚に助言を求めることも有益です。

全商簿記2級の内容と難易度について解説

全商簿記2級の出題範囲は、個人企業の商品取引に加えて、株式会社の基本的な会計処理も対象となります。試験の範囲が拡大し、日商簿記の3級相当の難易度となります。

合格率はおよそ60%ですが、合格には問題の7割以上の正答が必要です。ですので、弱点を作らないよう注意が必要です。仕訳処理の難易度が上がり、本支店会計の概念も登場しますので、過去問を解きながら理解を深めることが重要です。

また、3級でも同様の問題が出題されますが、会計用語の英語表記に関する問題もあります。例えば、損益計算書は英語で「Balance Sheet(B/S)」となりますが、その他の英語表記も覚えておくと役立つでしょう。

全商簿記検定1級の内容と難易度について解説

全商簿記1級では、出題範囲が会計と原価計算の2つに分かれており、それぞれの合格率は約40%と45%です。実際の試験レベルとしては、日商簿記2級を想定して備えておくことが適切です。

会計の部分では、2級よりも更に高度な内容が求められ、会計法規に関する問題も登場します。また、企業の資料を基にした業績評価や、売上高経常利益率や自己資本利益率の計算なども求められます。

原価計算においては、工業簿記の仕訳や原価計算に関する問題が出題されます。公式を忘れてしまった場合でも、自分で計算した数字を適用して推測することもできますが、公式を覚えておくことで計算がスムーズに進むでしょう。

全商簿記の試験情報はこちら

令和5年~6年の全商簿記は、以下の日程で行われます。

第96回実施日:令和5年6月25日(日)
申込期間:4月10日(月)~4月21日(金)
第97回実施日:令和6年1月28日(日)
申込期間:10月26日(木)~11月10日(金)

全商簿記は、試験回数が限られている分、勉強に時間をかけることができます。
社会人の場合、他の簿記検定と並行して勉強することで、効率的に資格取得に向けたスケジュールを立てられるでしょう。

就職・転職に有利な簿記は日商簿記

全商簿記は、高校生の進路や就職に一定の利点があります。しかし、社会人が就職や転職を考える場合は、日商簿記の取得が望ましいでしょう。

簿記の資格を持つことは、経理や財務の分野での評価につながり、経理や財務職の転職に有利です。資格のレベルとしては、日商簿記2級の方が日商簿記3級よりも高く評価されることが一般的です。

一部の会計事務所では、日商簿記1級取得が最低条件とされる場合もあります。日商簿記は他の簿記検定よりも難易度や知名度が高く、簿記の基礎が十分に理解できている人は日商簿記に挑戦することも考えられます。

ただし、全商簿記の合格も簿記の知識を有することを示す証明となりますので、履歴書に記載することには問題ありません。

全商簿記過去問で合格を目指す方法と注意点

全商簿記の合格に向けては、まずは商業高校の教科書を読み、内容を理解することが不可欠です。その後、市販の問題集を解き、理解が深まるまで繰り返し解くことが重要です。

しかし、最も効果的なのは過去問題の解答です。過去問を解き続けることで、問題の傾向が見えてきます。全国商業高等学校協会の公式ウェブサイトで過去問が公開されているため、他の受験勉強と同様に、過去問を徹底的に解くことが力を付ける方法です。

重要な点として、全商簿記は級ごとに難易度が異なるため、例えば2級の過去問が難しいと感じた場合は、3級の内容から再度学び直すことが重要です。受験する級を決定する際には、自身がどのレベルの問題に対処できるかを考慮しましょう。

まとめ

全商簿記は、商業系の高校や商業科に在籍する生徒が自己の能力を示すための検定試験です。1級を取得すると、大学への推薦や就職に有利になるため、社会人でも取得する価値があります。ただし、社会人が就職や転職のために資格を取得する場合は、日商簿記の方が知名度や難易度が高い傾向にあります。税理士試験を目指す場合は、全経簿記の上級試験を目指す方法もあります。自身のキャリアや目指す職場に合わせて、どの簿記検定試験を受験するかを決定することが、将来の戦略を立てる上で重要です。

あわせて読みたい
簿記3級に関する記事
簿記3級に関する記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました