コンテンツ

未経験の転職に役立つ資格について徹底解説!

taku7983
スポンサーリンク

未経験の転職でも資格がサポートしてくれる

採用する会社からすると候補者の中から採用したい人を決める必要があります。採用するかの判断は、履歴書や職務経歴書の紙面と2回程度の面接で一般的に決まります。候補者1人1人を確認する時間は非常に短いです。その中で、候補者の立場から見て採用してもらうために、資格は我々を大きくサポートしてくれます。資格を取得して、採用される確率を上げましょう

未経験の転職において、適切な資格を取得することは、就職活動やキャリアの構築において非常に役立ちます。資格は、我々のスキルや知識を証明し、信頼性を高め、競争力を向上させる手段として機能します。以下に、未経験の転職における資格の重要性とそのサポートの方法をいくつか紹介します:

未経験の転職における資格の重要性

  1. スキルと知識の証明: 資格は、特定のスキルや知識を持っていることを証明するものです。未経験の場合、資格を持つことで、雇用主に自身の能力をアピールできます。
  2. 業界への適性の証明: 特定の業界や職種に必要な資格を取得することで、その業界への適性や関心を示すことができます。業界の基本的な知識やスキルを持つことは、採用の際に大きなプラスとなります。
  3. 新しいスキルの習得: 資格取得の過程で新しいスキルや知識を習得できます。これにより、未経験の分野に対する理解が深まり、実務に役立てることができます。
  4. 自信の向上: 資格を持つことで、自己評価や自信が向上します。これは面接や履歴書の際に自身をアピールする際にも非常に重要です。

資格取得のサポート方法

  1. 専門学校や資格スクールの受講: 専門学校や資格スクールで資格取得のためのコースを受講することで、必要な知識やスキルを効率的に学ぶことができます。
  2. オンラインコースの利用: インターネット上には様々な資格取得のためのオンラインコースがあります。自宅で学習できる上、柔軟なスケジュールで学べるので、働きながらでも取得が可能です。
  3. 地域の職業訓練機関の利用: 多くの地域には、職業訓練機関があり、低コストで資格取得のサポートをしています。地域の求人情報や公共機関のウェブサイトで情報を探してみましょう。
  4. 企業の内部研修プログラム: 転職先の企業によっては、新入社員や未経験者向けの研修プログラムを提供している場合があります。採用後に資格取得をサポートする制度があるか確認してみましょう。
  5. 助成金や奨学金の活用: 資格取得に必要な費用を補助してくれる助成金や奨学金制度がある場合があります。地域や業界によって異なりますので、調査して活用すると良いでしょう。

未経験の転職において資格を取得することは、自身のスキルセットを向上させ、新しいキャリアの機会を広げる手段として非常に有効です。自身の興味や目標に合った資格を選んで、スキルの向上と自己ブランディングに努めましょう。

未経験×転職に役立つ資格の種類

では早速、未経験×転職に役立つ資格を見ていきましょう。比較的1年間以内に取れる資格をいくつかピックアップしております。

  • 運転免許証
  • 簿記
  • ファイナンシャルプランナー
  • 社会保険労務士(社労士)
  • 宅地建物取引士(宅建)
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  • TOEIC
  • エンジニア、プログラマー向け
    • ITパスポート
    • 基本情報技術者試験
    • Java SE 8 認定資格
    • Ruby技術者技能検定
    • PHP技術者認定試験
    • Python3エンジニア認定試験
    • C言語プログラミング能力認定試験

運転免許証

転職で運転免許証が役に立つ理由はいくつかあります。以下に、運転免許が転職活動においてどのように役立つかを説明します:

職種の選択肢が広がる

運転免許を持っていると、配達員、営業職、ドライバー、フィールドエンジニアなど、運転が必要な職種に応募する選択肢が広がります。特に物流業界や営業職、フィールドワークなど、外出や訪問が多い職種では運転免許が求められることが一般的です。

人手不足が著しい業界が物流業界。制度が変わり、賃金が上昇すればより魅力的ですね

ぽち
ぽち

地域や勤務時間の柔軟性

運転免許を持っていると、通勤手段に車を利用できるため、遠隔地の仕事や非常勤、交代制の仕事など、通勤が難しい職種や特殊な労働条件下での働き方が可能になります。

業務効率の向上

自身で運転できると、外出先での業務や商談が効率的に行えます。営業やフィールドエンジニアとして、顧客先や取引先への訪問が頻繁にある場合、自家用車での移動は時間の節約やスケジュールの柔軟性をもたらします。外回りがある営業マンには必要ですね。

簿記

転職で簿記のスキルが役立つ理由はいくつかあります:特に経理部や管理部に入りやすくなります

  1. 会計知識の理解: 簿記は基本的な会計原則や財務報告の基礎を教えてくれます。これによって、企業の財務状況を理解し、財務諸表を読み解く能力が身につきます。転職先で企業の経済状況を理解する必要がある場合、簿記のスキルは非常に役立ちます。
  2. 予算管理: 簿記の知識は予算の作成や管理にも役立ちます。企業が予算を策定し、それを管理する能力は多くの業種で求められます。予算を適切に立て、実際の経費と照らし合わせながら管理する能力は、組織内で非常に価値のあるスキルです。
  3. 税務申告: 企業や個人が税務申告を行う際、簿記の知識は非常に重要です。正確な帳簿が税務申告の基盤となり、税金の滞納や過少申告を防ぎます。転職先で税務関連の仕事に就く場合、簿記のスキルは必須となることが一般的です。
  4. 経営判断: 簿記は企業の財務状況を数値化し、経営判断の材料とすることができます。経営者や経営陣は、企業の健全性を判断し、将来の戦略を立てる際に簿記の情報を頼りにします。簿記のスキルを持つことで、経営陣の意思決定をサポートする役割を果たすことができます。
  5. 就業の選択肢の拡大: 簿記のスキルを持つことで、会計事務所や企業の財務部門、税理士事務所などでの職に就く機会が広がります。また、簿記の資格を持っていることは、就職活動時において他の候補者と比較して有利になることがあります。

以上の理由から、簿記のスキルは転職活動において非常に役立つことが期待されます。

ファイナンシャルプランナー


ファイナンシャルプランナー(FP)のスキルは、転職活動において非常に役立ちます。

  1. 財務計画の策定: ファイナンシャルプランナーは個人や家庭の財務状況を診断し、適切な財務計画を立てる能力があります。転職先で顧客の財務計画を立案する仕事に携わる場合、このスキルは不可欠です。企業の財務計画を策定する立場にある場合も、同様に役立ちます。
  2. リスク管理: ファイナンシャルプランナーは保険や投資などのリスク管理手段についての知識を持っています。企業や個人がリスクを適切に管理することは非常に重要であり、FPのスキルはリスクマネジメントのプロフェッショナルとして求められます。
  3. 投資アドバイス: ファイナンシャルプランナーは投資に関する専門知識を持っています。企業の資金を適切に運用したい場合や個人の資産を最適化したい場合、投資戦略の策定やアドバイスは不可欠です。金融機関や投資会社、保険会社などで働く際には、投資に関する知識と経験は非常に重要です。
  4. 税務計画: ファイナンシャルプランナーは税務に関する知識も持っています。企業や個人が最適な税務戦略を策定し、節税対策を行うためのアドバイスを提供することができます。特に企業の財務部門や税理士事務所での職務においては、税務計画のスキルが求められます。
  5. 顧客対応能力: ファイナンシャルプランナーは顧客とのコミュニケーションが非常に重要です。顧客のニーズを理解し、適切なアドバイスを提供する能力は、金融機関やコンサルティング会社、保険会社などで顧客対応のポジションに就く際に必要なスキルです。

これらの理由から、ファイナンシャルプランナーのスキルは多岐にわたる職種や業界で非常に役立ちます。転職先で保険商品の営業、財務計画や投資、税務関連の仕事に就く場合には、FPの資格や経験は非常に有利な要素となるでしょう。

社会保険労務士(社労士)

社会保険労務士(社労士)の資格やスキルは、転職活動において非常に役立ちます。特に人事部で重宝される資格です。

  1. 労働法の専門知識: 社労士は労働法に関する専門知識を持っています。企業が法令を遵守しながら労働契約を管理するためには、労働法の知識が必要です。転職先で人事部門や労務担当者として働く場合、労働法に関する的確なアドバイスが求められることがあります。
  2. 社会保険と年金制度の知識: 社会保険労務士は社会保険や年金に関する専門知識を持っています。企業や従業員のために適切な社会保険制度を選定したり、年金制度を理解し、従業員に対して適切なアドバイスを提供できます。また、労働者の権利としての年金や社会保険の申請手続きをサポートすることもできます。
  3. 労務管理: 社労士は労働契約の作成や解除、労働条件の改定など、労務管理に関する幅広い業務を担当できます。企業が正確かつ合法的な労務管理を行うためには、社労士のアドバイスは非常に重要です。転職先での人事部門や労務担当者、労務コンサルタントとして活躍する際に必要なスキルです。
  4. 助成金や補助金の活用: 社労士は労働政策や助成金、補助金などの知識を持っています。企業が助成金や補助金を活用することで、人材の育成や労働環境の改善などのプロジェクトを進める際、社労士のアドバイスは非常に役立ちます。
  5. 法的リスクの回避: 社労士は法的なリスクを避けつつ、企業が労働法や社会保険制度を遵守できるようにサポートします。企業が法的トラブルを避けつつ、効率的な人事労務管理を行うためには、社労士の専門知識が不可欠です。

以上の理由から、社会保険労務士の資格やスキルは、企業の人事部や労務コンサルティング企業、法律事務所などで高く評価され、転職活動において非常に役立ちます

宅地建物取引士(宅建)

宅地建物取引士(宅建)の資格やスキルは、不動産業界での転職において非常に役立ちます。不動産業界では幅広く、不動産仲介・不動産売買・不動産開発会社などで宅建の資格がサポートしてくれます。しっかり勉強をしないと習得することができない資格であり、社員であっても保有していない方はけっこう多いです。

  1. 不動産取引の知識: 宅建の資格を持っていると、不動産取引に関する基本的な知識を証明できます。不動産業界や不動産会社で働く場合、不動産取引に関する正確な知識が求められます。宅建の資格を持つことで、不動産の売買や賃貸に関する法的手続きや契約の取り決めに精通していることが証明されます。
  2. 契約書の作成: 宅建は不動産の売買契約書や賃貸借契約書の作成に関する知識を持っています。不動産取引においては、正確な契約書の作成が非常に重要です。宅建のスキルを持つことで、契約書を適切に作成できるため、法的トラブルを未然に防ぐことができます。
  3. 不動産市場の理解: 宅建は不動産市場の動向や評価方法に関する知識を持っています。これによって、特定の地域や物件の市場価値を正確に評価し、顧客に適切なアドバイスを提供できます。不動産業界で働く場合、不動産の市場価値を理解する能力は非常に重要です。
  4. 法的規制の遵守: 宅建は不動産業界における法的規制や倫理についての知識を持っています。法的な規制を遵守しながら不動産取引を行うことは、業界での信頼を築く上で非常に重要です。宅建の資格を持つことで、法的な問題を防ぎ、顧客に信頼性のあるサービスを提供できると評価されます。
  5. 顧客対応能力: 宅建は顧客との信頼関係を築くためのコミュニケーションスキルを持っています。不動産の取引は高額な取引が一般的であり、顧客は信頼できる不動産エージェントを求めます。宅建のスキルを持つことで、顧客との信頼関係を築き、顧客のニーズに応えることができます。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)資格とは、Microsoft Officeスイート(Word、Excel、PowerPointなど)を使ったビジネススキルを証明する資格です。この資格は、転職活動において非常に役立ちます

Word・Excelなどの最低限のスキルが求められることが多いです。この資格は保有者が多くはないので、面接官もWordやExcelについては簡単に面接の中の質問で聞くことくらいしか確認しておりませんが、MOSを保有していることをアピールできれば面接官からするとWordやExcelに対する面接者の不安はなくなるでしょう。

  1. 基本的なオフィススキルの証明: MOS資格は、Microsoft Officeの基本的なスキルを持っていることを示す証拠です。多くの職種で、Word、Excel、PowerPointなどのスキルは基本的な要件とされています。MOS資格を持つことで、これらのスキルを証明し、他の候補者と比較して優位性を持つことができます。
  2. 効率的な業務処理: MOS資格を持つことで、Microsoft Officeのアプリケーションを効率的に使用できる能力が証明されます。Wordで文書を作成したり、Excelでデータを整理したり、PowerPointでプレゼンテーションを作成したりする能力は、多くの職場で求められます。
  3. プロフェッショナルな文書作成: MOS資格は、Wordの高度な機能を使用してプロフェッショナルな文書を作成する能力を証明します。企業や組織での報告書、提案書、マニュアルなどの文書作成において、高度なフォーマットやスタイルを使いこなすスキルは非常に重要です。
  4. データ分析と報告: Excelはデータ分析や報告作成に広く使用されています。MOS資格を持つことで、Excelを使ったデータの整理、分析、グラフ化、報告書の作成など、ビジネス上の課題を解決するためのスキルを証明できます。
  5. プロフェッショナルなプレゼンテーション: MOS資格は、PowerPointを使用したプロフェッショナルなプレゼンテーションの作成能力を示します。ビジネスプレゼンテーションは、自身のアイディアや提案を他者に伝えるために非常に重要なスキルです。

MOS資格は、多くの職種や業界で必要とされる基本的なスキルを持っていることを示す証拠となり、転職活動での競争力を向上させることができます。

TOEIC


TOEIC(Test of English for International Communication)スコアは、転職活動において非常に役立ちます。英語を使用する仕事においては非常に武器になる資格。

  1. 国際的なビジネス環境でのコミュニケーション: TOEICスコアは、あなたの英語スキルを客観的に評価する指標となります。多国籍企業や国際的なビジネス環境では、英語でのコミュニケーション能力が非常に重要です。TOEICスコアを持っていることは、国際的なビジネスコミュニケーションにおいて自信を持って行動できることを示します。
  2. グローバル企業での職務遂行: グローバル企業や多国籍企業では、社内コミュニケーションや国際顧客とのやり取りが英語で行われることが一般的です。TOEICスコアが高い場合、グローバル企業での職務遂行がスムーズに行えるとみなされ、採用担当者から高く評価される可能性が高まります。
  3. 海外駐在の機会: TOEICスコアが高いと、海外駐在の機会が広がります。多くの企業は、海外での業務を担当する人材に対して高い英語スキルを求めます。TOEICスコアが高いと、海外駐在のチャンスを得る可能性が高まります。
  4. グローバルマーケットでの競争力: 世界的な競争が激化している現代のビジネス環境において、TOEICスコアはグローバルマーケットでの競争力を高める手段となります。英語でのコミュニケーションスキルは、企業が新たな市場に進出する際や国際的なビジネスパートナーシップを築く際に不可欠です。
  5. 多様性と包括性の向上: TOEICスコアが高いことは、企業が多様性と包括性を重視していることを示す要因となります。多文化環境での働き方や異なる文化背景を持つ同僚との円滑なコミュニケーションは、現代の職場環境において非常に重要です。

TOEICスコアは、英語スキルを客観的に証明する手段として転職活動において非常に有用です。多くの企業はTOEICスコアを評価基準として採用プロセスに組み込んでおり、高いスコアを持つことで、競争力を向上させることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました