コンテンツ

未経験×転職に役立つ資格(PHP,Python,C言語とは)

taku7983
スポンサーリンク

未経験×転職に役立つ資格の種類

では早速、未経験×転職に役立つ資格を見ていきましょう。比較的1年間以内に取れる資格をいくつかピックアップしております。

  • 運転免許証
  • 簿記
  • ファイナンシャルプランナー
  • 社会保険労務士(社労士)
  • 宅地建物取引士(宅建)
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  • TOEIC
  • エンジニア、プログラマー向け
    • ITパスポート
    • 基本情報技術者試験
    • Oracle認定Javaプログラマ資格(Bronze)
    • Ruby技術者技能検定
    • PHP技術者認定試験
    • Python3エンジニア認定試験
    • C言語プログラミング能力認定試験

今回はエンジニア、プログラマー向けのうち、PHP技術者認定試験Python3エンジニア認定試験及びC言語プログラミング能力認定試験を見ていきましょう。運転免許証、簿記や他の資格はこちらの記事に記載しております。

あわせて読みたい
未経験の転職に役立つ資格について徹底解説!
未経験の転職に役立つ資格について徹底解説!
あわせて読みたい
未経験×転職に役立つ資格(ITパスポート、基本情報技術者試験とは)
未経験×転職に役立つ資格(ITパスポート、基本情報技術者試験とは)
あわせて読みたい
未経験×転職に役立つ資格(Java,Rubyとは)
未経験×転職に役立つ資格(Java,Rubyとは)

エンジニアやプログラマーの未経験者向け求人が増えている

エンジニアやプログラマーの未経験者向け求人が増えている背景には、いくつかの要因が組み合わさっています。

  1. デジタル技術の普及と需要の増加: 現代社会ではデジタル技術があらゆる業界で不可欠となっており、それに伴うエンジニアやプログラマーの需要が急増しています。新しいアプリケーションやサービスの開発、既存システムのメンテナンス、セキュリティの強化など、さまざまな分野でエンジニアやプログラマーが必要とされています。
  2. プログラミング教育の普及: 多くの国でプログラミング教育が導入され、若い世代からプログラミングの基礎が身につけられるようになっています。これにより、未経験者でも基本的なプログラミングスキルを持っている場合が増え、未経験者向けの求人が増えています。
  3. 教育リソースの拡充: オンライン教育プラットフォームやコーディングスクールなど、プログラミングスキルを効率的に学べる教育リソースが増えています。これにより、未経験者でも専門的なスキルを短期間で身につけられるようになり、企業もこれらの人材に注目するようになっています。
  4. 多様な職種での需要: エンジニアやプログラマーのスキルは、ソフトウェア開発だけでなく、データサイエンス、人工知能、ウェブデザイン、モバイルアプリ開発、ブロックチェーン技術など、さまざまな分野で求められています。そのため、未経験者でも興味や適性に応じた分野で働けるチャンスが広がっています。
  5. リモートワークの普及: インターネットの普及と共にリモートワークが一般的になり、地理的な制約が少なくなりました。これにより、世界中の企業が優れたエンジニアやプログラマーを採用することが可能となり、需要が増加しています。

以上の要因から、エンジニアやプログラマーの未経験者向け求人が増えています。これにより、未経験者でもプログラミングスキルを学び、新しいキャリアに挑戦する機会が広がっています。

エンジニア、プログラマー向け、転職に役立つ資格

エンジニアやプログラマーにはたくさんの資格があります。また、資格を保有していなくても採用される方もいらっしゃいますが、資格があった方が採用される確率を上げることができ、年収でより高いオファーを期待することができます。それでは、いくつか資格について見ていきましょう。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験
  • Oracle認定Javaプログラマ資格(Bronze)
  • Ruby技術者技能検定
  • PHP技術者認定試験
  • Python3エンジニア認定試験
  • C言語プログラミング能力認定試験

PHP技術者認定試験とは

概要

PHP技術者認定試験は、プログラム言語PHPに関するスキルを証明する資格試験です。PHP(PHP: Hypertext Preprocessor)は、主にWeb開発に使用される人気のあるプログラム言語で、動的なウェブページを作成するために使用されます。PHP技術者認定試験は、PHPに関する知識やスキルを持つことを証明し、プロのPHP開発者としての能力を示すことができる資格を取得するための試験です。

この試験は、PHPの基本的な構文や機能、データベース操作、ウェブアプリケーション開発、セキュリティなどに関する知識を問います。PHP技術者認定試験は、Zend Technologies(ゼンドテクノロジーズ)という企業によって提供されており、Zend PHP認定技術者(Zend Certified PHP Engineer)として知られています。

PHP技術者認定試験に合格することで、以下のような利点があります:

  1. プロのスキルの証明: 試験に合格することで、PHPのプロフェッショナルとしてのスキルと知識を証明することができます。
  2. 仕事の機会の拡大: PHP技術者認定試験の資格は、企業やクライアントに対して、高いスキルを持つプロの開発者であることを示すことができ、仕事の機会を拡大することができます。
  3. 業界標準の認知度: Zend TechnologiesはPHPの開発や普及に関して広く知られており、その認定資格は業界内で高い認知度を持っています。

この試験は、PHP開発者が自身のスキルを向上させ、PHPプロジェクトでの信頼性と品質を高めるための有用な手段として利用されています。

プログラミングのPHPとは

PHPとは、ecサイトやWebアプリケーションなどの動的ページを作るサーバーサイドのスプリクト言語で、オープンソースで提供されてます。PHPはWebページに動きをつけるために開発された 、Web開発に特化したプログラミング言語です。 そのためWebサイト、Webアプリケーションによく使用されております。

PHPはWebページに動きをつけるために開発

ぽち
ぽち

PHPのバージョン

PHPにはPHP5→PHP7→PHP8といくつかバージョンがあるので見ていきましょう。

  • PHP5と7の違い:PHP7とPHP5で異なるのは処理速度であり、PHP5の処理速度の2倍ほどのスピードで処理が完了します。 ネットにおいて一番重要でもあるのが処理のスピードでもあるので、PHP7はおすすめとなります。
  • PHP7と8の違い:PHPはバージョンアップを重ねるごとにより高速化されていますが、PHP8 ではさらに JIT コンパイル(プログラムの実行時に、あらかじめ用意された(実行環境に依存しない汎用的な)中間コード)を利用すると、PHP7と比較して最大約3倍のパフォーマンスを発揮することもあります。

試験概要

試験はコンピュータ上で行われるCBT方式で、日時や場所を自由に選ぶことができます。

いつでも受験できるのはいいですね

ぽち
ぽち

PHP技術者認定試験について

PHPは、バージョンによっていくつか種類が分かれております。初心者におすすめはPHP7初級です。

  • PHP5
    • 初級:PHPに関するプログラミングの基本知識を問う試験
    • 準上級・上級:PHPの言語仕様や実用的で高度なプログラミング技術を問う試験であり、上級と準上級は同じ試験内容ですが、合格ラインが異なります。70%以上のスコアで上級合格、50~70%のスコアで準上級合格です。
  • PHP7
    • 初級
      • HP5技術者認定初級試験と同様にPHPに関するプログラミングの基本知識を問う試験です。2019年に開始されたばかりのカテゴリで、PHPの最新バージョンである7に対応した出題範囲となります。
      • PHP7はPHP5と比較して新機能や新たな関数が追加されており、互換性を維持しながら2倍以上の実行速度を実現しています。約10年ぶりのメジャーアップデートで、今後はPHP7が主流となっていくと予想されます。
      • これから試験に向けて勉強する方はPHP5技術者認定初級試験ではなく、最新バージョンに対応したPHP7技術者認定初級試験を受験することをおすすめします
  • PHP8
    • 準上級・上級:PHPの言語仕様から実用的なプログラミングテクニックまでの知識を問う試験です。上級と準上級は同じ試験内容ですが、合格ラインが異なります。70%以上のスコアで上級合格、50~70%のスコアで準上級合格です。

合格率

PHP7初級の合格率は約70%と比較的合格率が高い資格です。

勉強時間

PHP7初級の勉強時間は、まったくの初心者で約30~80時間と言われております。1~3か月の短期間で取得される方が多いです。

他の資格と比較して勉強時間は短くても合格を目指せるので、非常にタイパ(タイムパフォーマンス)が良い試験と言えるでしょう

ぽち
ぽち

Python3エンジニア認定試験とは

概要

Python3エンジニア認定試験(Python 3 Engineer Certification Exam)は、プログラム言語Python 3のスキルと知識を証明する資格試験です。この試験は、Python 3を使用してプロジェクトを開発するために必要な基本的な概念、構文、ライブラリ、データ構造、アルゴリズムに関する知識を問います。

Python3エンジニア認定試験は、Pythonプログラム開発者のスキルを評価し、業界標準のPythonエキスパートとしての能力を示すことができる資格です。この試験は、プログラム開発者がPython 3を使用したプロジェクトでの実用的なスキルを持っているかどうかを測定するために利用されます。

具体的な内容や形式は、組織や認定機関によって異なる場合があります。試験は通常、プログラミングの知識、データ構造、アルゴリズム、エラーハンドリング、オブジェクト指向プログラミングなど、Python 3に関連する様々なトピックにわたる問題を含んでいます。

Python3エンジニア認定試験を受験することで、以下のような利点があります:

  1. スキルの証明: 試験に合格することで、Python 3プログラム開発に必要なスキルと知識を証明することができます。
  2. 仕事の機会の拡大: 認定資格は、雇用主やクライアントに対して、Python 3の専門知識を持つプロの開発者であることを示すことができ、仕事の機会を拡大することができます。
  3. 業界標準の認知度: 認定試験は、Python 3プログラム開発者のスキルを評価する際の業界標準として認識されています。

これらの試験は、Pythonプログラム開発者が自身のスキルを向上させ、プロジェクトでの信頼性と品質を高めるための有用な手段として利用されています。

プログラミングのPython3とは

Python(パイソン)は、Web上からデータを集めたり、分析したりする作業に強いプログラミング言語です。 手動では時間のかかるデータの処理・分析を、Pythonで自動化でき、より効率的におこなえるようになります。

Python3の特徴は、簡潔にプログラムを書けることです。平易な文法が使われているので、プログラミング初心者でも利用することができます

初心者にはありがたいプログラミング

ぽち
ぽち

試験概要

試験はコンピュータ上で行われるCBT方式で、日時や場所を自由に選ぶことができます。

いつでも受験できるのはいいですね

ぽち
ぽち

Python3エンジニア認定試験について

Python3エンジニア認定基礎試験は、Pytonエンジニアを目指すのに適した資格試験となっており、主にPythonの文法や基礎知識が出題されます。

合格率

Python3エンジニア認定試験の合格率は約75%と比較的合格率が高い資格です。

勉強時間

Python3エンジニア認定試験の勉強時間は、まったくの初心者で約20~50時間と言われております。1~2か月の短期間で取得される方が多いです。

他の資格と比較して勉強時間は短くても合格を目指せるので、非常にタイパ(タイムパフォーマンス)が良い試験と言えるでしょう

ぽち
ぽち

C言語プログラミング能力認定試験とは

概要

C言語プログラミング能力認定試験(C Language Proficiency Certification Exam)は、C言語のスキルと知識を証明するための資格試験です。この試験は、プログラム開発者がC言語を使用してプログラムを設計、実装、テストする能力を測定することを目的としています。

C言語は、プログラム開発の基礎として非常に重要な言語であり、システムプログラミング、組み込みシステム、デバイスドライバ、ゲーム開発、高性能計算、仮想マシンの実装など、幅広い領域で使用されています。このため、C言語のスキルを証明することは、プログラム開発者としての信頼性を高めることができます。

C言語プログラミング能力認定試験は、通常、C言語の基本的な概念、構文、データ構造、アルゴリズム、ポインタ、ファイル入出力、メモリ管理などに関する問題を含んでいます。試験は、実際のプログラムを書いたり、与えられた問題を解決したりする能力を測定することが一般的です。

C言語プログラミング能力認定試験に合格することで、以下のような利点があります:

  1. スキルの証明: 試験に合格することで、C言語のスキルと知識を証明することができます。
  2. 仕事の機会の拡大: 認定資格は、雇用主やクライアントに対して、C言語の専門知識を持つプロの開発者であることを示すことができ、仕事の機会を拡大することができます。
  3. プロジェクトの信頼性: C言語のスキルを持つプログラム開発者は、システムプログラムやハードウェア制御など、高度なプログラミングタスクを遂行するのに適しています。そのため、プロジェクトの信頼性と品質を向上させることができます。

これらの試験は、プログラム開発者が自身のスキルを向上させ、プロジェクトでの信頼性と品質を高めるための有用な手段として利用されています。

プログラミングのC言語とは

C言語は、プログラミング言語のなかでも歴史が古く、1972年に開発された言語です。 アメリカで生まれたプログラミング言語であり、現在では世界中で使われています。

歴史が長い言語

ぽち
ぽち

試験概要

試験はコンピュータ上で行われるCBT方式で、日時や場所を自由に選ぶことができます。

いつでも受験できるのはいいですね

ぽち
ぽち

C言語プログラミング能力認定試験について

C言語プログラミング能力認定試験は1~3級までの試験があります。

  • 3級
    • C言語の概念を理解し、簡単なプログラムが書ける
  • 2級
    • 小規模のプログラムが適切に(理路整然、簡潔、正しく)書ける
    • また、各種基本アルゴリズムを理解している
  • 1級
    • 事前に公開しているテーマプログラム(1,700行程度)に対する仕様変更、仕様追加に対応したプログラム作成、および変更仕様書の作成を行う

合格率

C言語プログラミング能力認定試験の3級の合格率は約60~70%と比較的合格率が高い資格です。

勉強時間

C言語プログラミング能力認定試験の3級の勉強時間は、まったくの初心者で約80~120時間と言われております。3~6か月で取得される方が多いです。

PHP技術者認定試験やPythonと比較して最初は多少、勉強時間が必要ですね

ぽち
ぽち
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ぽち
ぽち
公認会計士
大学在学時に公認会計士試験2次試験合格。卒業後は4大監査法人で上場会社の会計監査・内部統制監査に従事。その後、コンサルティング会社に転職。2023年に当サイトを開設。
記事URLをコピーしました